ご祈祷・ご祈願
gokito_hero

ご祈祷・ご祈願について

各種 御祓いを随時受け付けております。結婚式や、地鎮祭等の出張外祭に関してのご相談は別途ご相談ください。
個人の方のご予約は受けておりませんので当日に直接お越し下さい。
団体・法人の方は事前にお電話にてご相談下さい。

初穂料は五千円〜 をお納め下さい。

祈祷神札のお祀りの仕方

祈祷神札は大きいため、神棚に収まらない場合は外にお祀りします。
一年間お祀りをした祈祷神札は神社にお納め下さい。

神棚の無いご家庭の場合は、南側か東側を向くように目線より高い所にお祀りします。

神棚のある場合は、鎌倉宮は崇敬神社に当たりますので、並べる場合は向かって左側、重ねる場合は氏神神社の下にお祀りします。

祈祷神札のお祀りの仕方

各種 ご祈祷・ご祈願

ご祈祷(きとう)は「ご祈願」ともいい、神さまのご守護をいただけるように願い求める神事です。
人生儀礼の奉告や諸願成就のご祈祷を随時行っております。

交通安全・車祓

車をお祓いし、運転者はもとより、同乗者の道中安全を祈り誓う御祈願です。境内にお車を駐車してお申し込み下さい。

家内安全

毎年一回ご家族の無事安全をご祈願下さい。

商売繁盛

商売と事業の繁昌、事業所と従業員の皆様の安全を祈願します。
団体でのご希望の場合は、ご予約を承ります。

合格祈願

高校や大学等の入試試験のほか、資格試験合格の御祈願も行っております。合格祈願の神札を授与いたします。

病気平癒

病気からの早期回復を祈願します。ご本人がお見えになれない場合は代理の方がお参り下さい。

心願成就

心にある様々な願いを祈願します

攘災招福

ふりかかった災難を除き、幸運を招くように祈願します。

忌明清祓

50日祭(仏式では49日の法要)や1年祭など、喪や忌の期間を終えると氏神様でお清めのお祓いをうける風習があります。

人生儀礼のご祈願

人生の節目節目に、くぎりをつけ、神様にこれまでの無事を感謝します。
改めて人生を歩むために意義深いものとして、家族でこれからの無事や発展を願います。

七五三詣

七五三詣

数え年で三歳・五歳・七歳でそれぞれ髪置きの儀、袴儀、帯解きの儀を行い、幼児から一人前の子供になった事をお祝いします。

数え年が本来ですが、満年齢でも問題はありません。
七五三の時期に当たります10月から12月頃は、御守に加えて千歳飴やお菓子等を記念品としてお配りしています。

詳しくはこちら
Same Height Control
結婚式

結婚式

神代の頃、伊耶那岐命と伊耶那美命の二柱の神が夫婦の契りを行った事に倣って、二人の縁が結ばれた事を感謝し、お互いが助け合い子孫の繁栄を図る事を神前にお誓いします。

詳しくはこちら

初宮詣

生後初めて神社にお参りをする事で、赤ちゃんの誕生を神様へ感謝と報告を行い、健やかな成長を御祈願します。

地域によりますが、男子は生後31日目か32日目、女子は32日目を目安に皆様のご都合や体調に合わせてお参りをします。
鎌倉宮では、初宮詣の場合専用の御守と記念品をご用意しております。

成人式

冠婚葬祭というように冠をつける事は大人になった証と言われ、宮中では「加冠の儀」、武家では幼名から正式な名前をつける「元服式」を行っていました。現代では二十歳の成人の日を境に大人として扱われるようになります。成人の奉告を御神前に行う式です

厄除・厄払

厄年は古来より体力的・家庭環境的にも転機にあたる人生の節目・災厄の多い年と言われています。
こういった年は古来より一年間普段以上に慎みをもった生活を行うべきと言われています。
厄除・厄祓の御祈願をされる方には身代わり人形をおつけしております。

令和元年(2019)男性 厄年
男性 前厄

平成08年生 24歳
昭和54年生 41歳
昭和35年生 60歳

男性 本厄

平成07年生 25歳
昭和53年生 42歳
昭和34年生 61歳

男性 後厄

平成06年生 26歳
昭和52年生 43歳
昭和33年生 62歳

令和元年(2019)女性 厄年
女性 前厄

平成14年生 18歳
昭和63年生 32歳
昭和59年生 36歳
昭和35年生 60歳

女性 本厄

平成13年生 19歳
昭和62年生 33歳
昭和58年生 37歳
昭和34年生 61歳

女性 後厄

平成12年生 20歳
昭和61年生 34歳
昭和57年生 38歳
昭和33年生 62歳

※ 表内の年齢は数え年です。(実年齢は1を引いた数です)

安産祈願

多産の犬の安産にあやかり,妊娠五ヶ月目の戌(いぬ)の日を選んで「新しい命が母子ともに安らかに誕生するように」と祈ります。

鎌倉宮では、岩田帯をお待ち頂ければ、鎌倉宮のご朱印を押し、ご祈願の後にお返しいたします。

令和元年(2019)の戌の日一覧
  • 01月01日 (火) 赤口 / 01月13日 (日) 先勝 / 01月25日 (金) 先勝
  • 02月06日 (水) 友引 / 02月18日 (月) 友引
  • 03月02日 (土) 友引 / 03月14日 (木) 先負 / 03月26日 (火) 先負
  • 04月07日 (日) 大安 / 04月19日 (金) 大安
  • 05月01日 (水) 大安 / 05月13日 (月) 赤口 / 05月25日 (土) 赤口
  • 06月06日 (木) 友引 / 06月18日 (火) 友引 / 06月30日 (日) 友引
  • 07月12日 (金) 先負 / 07月24日 (水) 先負
  • 08月05日 (月) 大安 / 08月17日 (土) 大安 / 08月29日 (木) 大安
  • 09月10日 (火) 先勝 / 09月22日 (日) 先勝
  • 10月04日 (金) 友引 / 10月16日 (水) 友引 / 10月28日 (月) 仏滅
  • 11月09日 (土) 仏滅 / 11月21日 (木) 仏滅
  • 12月03日 (火) 大安 / 12月15日 (日) 大安 / 12月27日 (金) 先勝

長寿のお祝い

干支(十干十二支)が一周する還暦(61歳)をはじめ、長寿の感謝とお祝いを神前にて行う風習があります。
還暦の場合は厄年と含まれますので、還暦厄払いといって厄払いと御一緒に行います。

還暦と以降のお祝い
  • 還暦(61歳)自分の生まれた年の干支に戻るため
  • 古希(70歳)唐の詩人、杜甫の詩「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」から
  • 喜寿(77歳)「喜」の草書体が分解すると七十七と読めるため
  • 傘寿(80歳)「傘」の略字(仐)が八十と読めるため
  • 米寿(88歳)「米」の字が分解すると八十八に分けられるため
  • 卒寿(90歳)「卒」の略字が分解すると九十と読めるため
  • 白寿(99歳)百から一を取ると白になるため
  • 百寿(100歳)文字通り、百歳のお祝いです
  • 茶寿(108歳)「茶」の字を分解すると「十、十、八十八」と分解できるため
  • 大還暦(120歳)二度目の還暦を迎えたため

ご祈祷時のお願い

  • 鎌倉宮ではご祈祷・ご祈願は当日受付順にご奉仕致しております。
  • ご祈祷中は写真撮影・ビデオ撮影はご遠慮頂いております。
  • 携帯電話はマナーモードまたは電源をお切り下さい。
  • ご相談は随時受付致しております。お気軽にお問い合わせ下さい。