本文へ移動

令和三年霜月

令和三年霜月朔日

霜月朔日歌合( 令 和 三 年 辛 丑 歳)
  
 
 風雅和歌集 秋歌下
 みるままに 壁に消えゆく 秋の日の
時雨(しぐれ)に向かふ 浮き雲の空
         進子内親王
平成十八丙戌歳 
路地に散る 枯葉の音に 行く秋の
心吹かれて 今日も暮れけり
     大塔宮鎌倉宮 宮司(第二十六代)  小岩裕一


霜月朔日の和歌
 霜月、つまり十一月は、「立冬」を迎えるまでが「晩秋」、それ以降は「初冬」、という微妙な季節です。
 朝夕の冷え込みは日に日に増し、秋というよりも冬、という気配を感じることが、次第に増えて来るのです。
 掲出の一首は、そんな「冬の足音」を意識したかのような世界、秋の色彩を眺めながらも、モノトーンな初冬の雰囲気を感じ取る、繊細な感受性…晩秋から初冬の季節、誰もが胸に呼び起こす、言い知れぬ寂しさ…それを描いた進子内親王は、第九十二代・伏見天皇の皇女ながらも地方で成長し、成人してから京都の人となった、非常に異色の経歴の持ち主であり、独特の憂いを帯びた声調が、秋と冬との間で揺れる、この季節を的確に表現しています…。
鎌倉宮第二十六代宮司( 國學院大學短歌研究会 第一〇三期会長) 小岩裕一識  


鎌倉宮 社務所
〒248-0002
神奈川県 鎌倉市 二階堂154

TEL 0467-22-0318
 FAX 0467-22-3755
午前9時から午後4時まで

TOPへ戻る